在宅勤務は私にとって天職

私はもともと大手のパソコン教室のパソコンインストラクターとして働いていたのですが、男性のパソコンインストラクターと言うのはパソコン教室の男性の受講者の方とトラブルが起き易くお前の教え方が悪いだとか、もっと丁寧に教えろやなどこちらが丁寧に教えていても罵声を浴びせられることがおおいのです。そこで私はエクセルやワードを使った事務の仕事もパソコン教室でしていたので在宅系の仕事ならメールか電話でやり取りするから気が楽だろうと思いやって見ると思いのほか仕事も多く、何より嬉しかったのがメールで仕事の御礼が来たことが嬉しかった。でもデメリットもあります。一つは仕事の単価を安く設定している人がいることと仕事料を払わない人もいることです。それでもこの仕事を続けたのは2007年にパソコン教室の会社が倒産して先行きが見えなくなった事と、女性インストラクターを優先的に採用する方針になった為に男性インストラクターは全員首になったからです。在宅なら仕事は何時でも有るし決まった期限内に仕事を収めれば報酬がもらえるし、何時仕事をしようが何時仕事をやめようが本人に自由だからインストラクター時の仕事とストレスを比べると正に天国です。