在宅勤務は無駄が省けるメリット

データマーケティング業務のオペーレーションを在宅で対応していますがメリットは通勤等にかかる経費と時間が省けることやカットイン的に入ってくる仕事のスケジュールも優先順位をつけやすいことなどが上げることができます。通勤時間では仕事を進めることは不可能に近いです。1〜2時間もあれば進捗が大幅に異なります。また通勤費も会社に取ってはバカになりませんから在宅勤務は双方にメリットがあります。コミュニケーションの懸念は今はSkypeやLINE、チャットワーク等はリアルタイムで様々なコミュニケーションツールが存在するので全く障害にはならないです。データやり取りもセキュリティの問題さえクリアできればクラウドでやり取りがこちらもリアルタイムで可能です。唯一デメリットと感じることはやはり自宅であると公私のしっかりと分けることが重要でここは本人と家族の理解、協力が必要なところです。ここが明確に棲み分けできるばメリットしか思い浮かびません。