IT系在宅勤務のデメリット

IT企業の中でも自分自身の職能だけではなく営業や他の職能とのコミニケーションを取りながら仕事をする必要があるばあに関しては在宅の勤務はデメリットも多くあります。なんといってもダイレクトコミニケーションをとりながら課題やお客様との課題を解決するための時間が取れづらくなるからです。

もちろん、プログラミングだけを少数の単位で組織化して行う場合には在宅勤務もいいかもしれませんが前述のような他の職能とのコミニケーションを取りながら仕事を行う場合には決して在宅勤務が正しいとは思いません。もちろん、効率を考えた場合に集中力を高めて在宅で仕事をする時間が必要ですが定期的に全員が出勤してダイレクトコミニュケーションをとりながら仕事を進める時間を設けるといったバランスが必ず必要になってきます。こうしたバランスを取らずにIT系の業務だけ在宅を進めることになると弊害が起こってくると思います。

以上のことからIT系の在宅業務に関しては緩やかに実験的に進めていかなければ弊害の方が多いと思います。