IT系の在宅勤務でのメリットとデメリット

ネットワーク技術や端末の進歩しより会社に行かなくても仕事ができるようになりました。
特にIT系の企業では、在宅勤務制度を採用しているところが多くなってきました。
では在宅勤務にすることにより、どのようなメリットがあるのでしょうか?
第一に通勤時間の短縮が挙げられます。
通勤にかかる時間を短くなくと、満員電車などの通勤時のストレスを減らすことができます!
また、通勤にかかっていた時間をプライベートや、家族との時間に充てることも可能となってきます。
第二に人間関係が少ないということ。
これは、人付き合いが苦手だったり、人見知りしてしまうという人にはメリットとなるでしょう。
次に在宅勤務のデメリットとはなんでしょうか?
第一に自己管理が必要となってきます。
自宅にいると、他のことが気になってしまったり、急な来客といった邪魔が入ってしまうことが多くなります。
なので、自ら仕事に集中しよう、という意識ご大切です。
第二に情報格差が生まれます。
オフィスにいないことで、皆と情報を共有することが出来なくなったり、最新技術や業界の動向といった情報も得られなくなってしまいます。
第三に評価される機会を失ってしまいます。
在宅で勤務するということは上司の目が届かなくなり、結果だけの評価となります。
それまでのプロセスは評価されなくなってしまうのです。