IT系の在宅勤務をしてみて

システム開発をしているですが、業種は広告代理店に所属しています。広告代理店で仕事内容は、セブンイレブンの関係のネットの構築なども手掛けています。月に一度の会議や打ち合わせで会社に出社するここともありますが、ほとんど在宅勤務をしています。在宅勤務を希望したのは、朝に通勤ラッシュに会わなくて済むことです。仕事上、パソコンと向き合う仕事をしているので人込みが苦手なこともあります。そして、自宅にもパソコンが数台あるのでそれを操作しないといけないので、仕事で1台のパソコンだけでは足りないからです。仕事の時間と内容を考えたとき、在宅勤務が一番無駄がなく仕事がこなせると判断したのでそのような勤務体制にしてもらっています。あと、自宅だと一番落ち着くということもあります。しかし、在宅勤務の難しさは作業が予定より遅れたり、納期にあわないと意味がないのでやり遂げる責任感が常に付きまとっています。そうしないと、自分に対しての信頼も失うし、会社の売り上げにつながらなくなります。