在宅勤務」カテゴリーアーカイブ

在宅勤務は私にとって天職

私はもともと大手のパソコン教室のパソコンインストラクターとして働いていたのですが、男性のパソコンインストラクターと言うのはパソコン教室の男性の受講者の方とトラブルが起き易くお前の教え方が悪いだとか、もっと丁寧に教えろやなどこちらが丁寧に教えていても罵声を浴びせられることがおおいのです。そこで私はエクセルやワードを使った事務の仕事もパソコン教室でしていたので在宅系の仕事ならメールか電話でやり取りするから気が楽だろうと思いやって見ると思いのほか仕事も多く、何より嬉しかったのがメールで仕事の御礼が来たことが嬉しかった。でもデメリットもあります。一つは仕事の単価を安く設定している人がいることと仕事料を払わない人もいることです。それでもこの仕事を続けたのは2007年にパソコン教室の会社が倒産して先行きが見えなくなった事と、女性インストラクターを優先的に採用する方針になった為に男性インストラクターは全員首になったからです。在宅なら仕事は何時でも有るし決まった期限内に仕事を収めれば報酬がもらえるし、何時仕事をしようが何時仕事をやめようが本人に自由だからインストラクター時の仕事とストレスを比べると正に天国です。

IT系の在宅勤務は打ち合わせをしっかり行うこと

IT系の在宅勤務は、近年とても増加していますが、やはり重要になるのは打ち合わせです。いつまでに業務を終えるべきか確認して、スケジュールをきちんと立てることが何より必要になります。クライアントさんに迷惑をかけることは避けるべきですし、信頼関係を築くことで末長く業務ができるようになります。在宅勤務は、出来高制になっているところが多いので、まず納期の時期と料金など打ち合わせできちんと確認しておくことが重要になります。在宅勤務は時間の調整、作業の締切日、打ち合わせなどSkypeでまめに連絡をとって修正が必要な部分は早い段階で修正するなど、スピーディな対応はとても大切になります。在宅勤務することで女性も幅広く仕事が増えますし、また活躍できる場も増えるので今後につなげるためにもスケジュール厳守で動くようにしていました。在宅勤務は、すぐ確認したい時に周りに聞けないので、まずはSkypeを使って質問事項をまとめておくことが大切です。

在宅勤務は私生活とのメリハリが必要です

IT系の在宅勤務は、最近とても増えています。環境が整っていれば、在宅勤務ができ自分のペースで仕事ができるので、好都合ですが、やはり私生活とのメリハリ・線引きをきちんと行うことが何より大切になります。子育て中なので、どうしても子供中心の生活になりますが、IT系は締め切り期限をきちんと守って業務をこなしていかねばなりませんし、仕上げ前にはとても忙しくなるため、Skypeでクライアントさんと話しながら打ち合わせしたり、在宅勤務する場合はきちんと線引きをすることは何より大切になります。忙しい時は保育園の一時保育を利用するなど、業務に集中できる時間を作ることで、仕事がスムーズにできるようになりましt。作り込み時期などは、頭をかなり使いますし、一人で集中して作業を行うため、しっかりと計画的に時間を確保して業務をこなしていかねばなりません。私生活との線引きをきちんと行うことで在宅勤務が全うできるようになります。

IT系の在宅勤務は女性にとって働きやすいです

IT系で働いていると残業が多く、女性が働きにくい職場のイメージが強いです。子育てとの両立は厳しい環境になるため、家族の協力がない場合、IT系の社員として勤務するのは難しいケースが多いですが、在宅勤務することで子供と過ごす時間も増え、子供が病気した時も自分で時間を調整しながら病院へ連れて行った後、仕事をするなど自己管理しながらきちんと業務をこなすことができるので、働きやすいです。子供は小さい頃は、よく熱を出したり、病気しがちなので保育園へ通ってもすぐ病気をもらってきますし、なかなか外で働くにはハードルが厳しいこともありますが、在宅勤務できると時間を上手に調整しながら働くことができるので女性にとってはかなり働きやすい職場であることがわかります。在宅勤務することで家事や子育て・仕事との両立ができストレスを軽減しながらしっかり収入を得ることができるので女性にとって働きやすい環境であることがわかります。